安住紳一郎アナ Nキャス取材班が通報された タンス預金で街頭調査、アポ電詐欺と

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/15(月) 09:05:52.17
 TBS安住紳一郎アナウンサーが13日に同局系で放送された「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜、後10・00)において、番組ディレクターが「新札発行へ、タンス預金が動き出す」とのテーマで街頭インタビューを行い、「タンス預金」について生の声を取材したところ、「アポ電詐欺の一味」と誤解されて警察に通報されたことを明かした。

 番組では、政府が20年ぶりに3種類の紙幣を刷新すると公表したことから、「新札発行へ、タンス預金が動き出す」とのコーナーを設けた。エコノミストが「非常に巨大なお金が今回の新札発行に伴って動くと予想される。新札が発行されるにあたり旧札が使えなくなるのではと考える人が、資産を分散させようとして動く」などと述べた。

 番組では街頭インタビューを決行。道行く人にタンス預金はしているか、その額は、保存場所などを尋ね、顔は分からないように処理して放送した。

 同コーナーの最後で安住アナが「取材中、街頭インタビューで『タンス預金ありますか』『どこに隠してますか』というインタビューをディレクターがしていたら、アポ電詐欺の一味だと思われたようで警察に通報されました」と述べた。

 出演者が「通報されたの!」と驚くなか、安住アナは「こういう詐欺も最近増えているそうなのでテレビのインタビューとはいえ、自宅に現金があるかどうかを聞くことは許されない時代に入ってきたと。そういう情報もお伝えします」と述べた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16315524/ 

続きを読む